October 03, 2004

人間は

感情の動物である

と云ったのは、誰だっけ?
あるいは、むかしのことばといまのことばの差について。
電灯なんてものがなかった時代に、そりゃ暗闇は怖かったろうさ。
何がいるかわからないもの。
その時分に、誰かから
「お前を呪ってやるっ!!」なんて云われたら、それだけで気分悪くなって、病気になってしまっただろう、と思う。
それが本来の"呪"というものじゃないかと。

なんで、こんなことを書いたかというと、ことばの力を体験したから。
ことばのエクスタシー、というか。

こうやって、"ことば"にすると、なんだかわからなくなるのだけどね。
「ことばのエクスタシー」という表現には、感情がないもんね。
感情があるのが口語、ないのが文語?

話がとっちらかってしまいました、スマンm(_ _)m
daddyscar at 13:10   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(0)TrackBack(0)one of those gay days |   nearside Edit

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼