December 03, 2006

未来の文学 第郡

ソースは2ちゃんだから、ホントかウソか知りませんが…

国書刊行会の冒険
333 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 22:50:52
<未来の文学>第III期
ジーン・ウルフ『ジーン・ウルフの暦』
R・A・ラファティ『第四の館』
ジャック・ヴァンス『奇跡なすものたち』
ジョン・クロウリー『古代の遺跡』
ジョン・スラデック『ミュラーフォッカー効果』
サミュエル・R・ディレイニー『ドリフトグラス』
<未来の文学>アンソロジー
伊藤典夫編『ヒトラーが描いた薔薇』
若島正編

334 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/11/13(月) 23:19:07
まじかこれ

336 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/11/14(火) 00:09:14
絶対ウソだ。最高にウソくせえよ。

341 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/11/14(火) 01:43:43
>『ダールグレン』は、来年秋発売予定。そして<未来の文学>第3期の一冊として、ディレイニー短篇集成『ドリフトグラス』発売決定! 事実上『プリズマティカ』プラス『時は準宝石の螺旋のように』、『エンパイア・スター』も収録されるそうです。
>結構分厚い一巻本になる模様です。

><未来の文学>第3期では、ヴァンスの日本オリジナル短篇集『奇跡なすものたち』も刊行されます。ヴァンスのショーケースともいうべき内容の一冊になるそうです。

>それでは、<未来の文学>第三期、その他のラインナップもささっと。
>ウルフの連作短篇集『ジーン・ウルフの暦(Book Of Days)』、ラファティの長篇『第四の館』、スラデックの長篇『ミュラーフォッカー効果』、ジョン・クロウリーの日本オリジナル短篇集『古代の遺物』。さらに伊藤典夫氏によるアンソロジー『ヒトラーが描いた薔薇』と、若島正氏のアンソロジー第二弾(内容未定)。ウルフとラファティは、今後も必ず出す! ・・・とのことです。



『プリズマティカ』



『時は準宝石の螺旋のように』



『エンパイア・スター』

!!!!!




ホントだったらいいなあ…



daddyscar at 22:35   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(0)TrackBack(0)SF  Edit

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼