November 12, 2006

デスノートのコメント

コメントに気づかず、返信遅くなりまして、本当にすみませんでした>皆様。

コメやらトラバやらもらったら、携帯に転送されるよう設定してるんですが、それが上手く働いていなかったようでして(汗)。
誠に申し訳ありません。

で、コメント書いてたら、字数制限に引っ掛かりまくりで。

という訳で、こちらにエントリとして返信させていただきます。
お手数ですが、こちらの続きとして、脳内補完してくださいませ。


>BETさま。

映画は監督のものだと、僕も思います。
ただ、この映画を観てて「別に金子修介じゃなくても…」と思えてしまったので、ああいう言葉になりました。
代替がきくんじゃね?と
長大な原作を、コンパクトに上手くまとめてるとは思います。ラストは原作ファンもビックリさせてくれる仕掛けがあるし。
でも、この脚本を使って、普通にエンタテインメントを撮れる監督、たとえば本広克行が撮ってたらどうでしょう?
おんなじぐらい(もしかしたら、それ以上に?)面白い映画になってたと思いません?

翻って、平成ガメラ三部作において、伊藤や樋口のこだわりは、あのシリーズをSFとして昇華せしめてる重要な要素だと思うんですが、僕はそこに、金子修介も寄与しているのだとばっかり思ってて。
いや、あのシリーズに金子のこだわりはあったのかもしれないし、伊藤や樋口のこだわりを上手くコントロールせしめたのは、金子の力なのかもしれない。
でも、この映画だけを観ると、これっぽっちのこだわりもねえよなあと(笑)

ただのファンでしかない僕は、監督という仕事の意味を取り違えてるのかもしれませんね。



daddyscar at 15:45   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(5)TrackBack(0)movie  Edit

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by BET   November 12, 2006 23:59
映画監督は脚本家をも「監督」している。テレビディレクターとは違う。実際、後編は大石・金子の共同脚本になっているし、撮影中も金子が書いていたらしい。だから本広監督がこの脚本で撮る、という想定は出来ない。仮に、想定しても、「サマータイムマシンブルース」と「就職戦線異状無し」を比べると、金子の方が上手い。本広の演出は乾いた感じがしないから、この映画には向いてない。「踊る」は、その資質が良い方に出ていた。金子の方がクール。ただ、金子は「デスノート」の原作へのこだわりが感じられない、というのは何となく分かるけども、あの原作にこだわり過ぎると、映画らしい映画にはならなかったんじゃないか、と、アニメ版を見て思いますね。
2. Posted by daddyscar   November 13, 2006 00:26
5 >BETさま

返信が遅くなってしまったので、こんなエントリ書いても、読まれないかな無駄かなと思っておりました。
良かった。

うーむ。本広克行ってのは、日本でエンタテインメントが撮れる監督ってことで、とりあえず名前を出しただけなので、そこはまあ勘弁してもらうとして(駄目ですか?)。

現在、公開中の後編は、金子も脚本を書いてるんですね。
ではなおさら、こだわりが欲しい気がいたします。
こだわりと云っても、原作そのままであれかしという訳ではなくて、こだわりって云うか、ちょっとしたひと手間。
3. Posted by daddyscar   November 13, 2006 00:28
つづき。


たとえば、この映画に出て来るLの容姿や挙動は、あれはマンガだから成立するキャラクターであって、あまりにマンガ的過ぎませんか?
もちろん、これだけ人気の原作ですから、そのイメージをイジくるのは難しいでしょうが、マンガにはマンガなりの、映画には映画なりの表現があると思うのです。
そこを媒体に相応しく翻案するのは、監督のひと手間なんじゃないかと。

(再び)うーむ。ちょっと抽象的過ぎて、上手い反論になってませんね(笑)
4. Posted by BET   November 13, 2006 20:44
金子がLとかにもうひと手間加えてたら、原作ファンが許さなかったのでは?マンガのイメージを映画的に翻訳するのが金子「毎日が夏休み」修介の昔からの得意技で、そこの職人性にオファーがいったのだと思いますよ。黒沢清には絶対いかない仕事でしょう。三池もテレビ局は嫌ってるし。今考えると、一番向いた人選だったと思いますね。ただ、他の監督だったら、どうか、と考えるのは、楽しいですが。でも、滝田も森田も石井も岩井も行定も、これには向いてないと思う。池田敏春ならアリかも知れない。
5. Posted by daddyscar   November 14, 2006 23:01
>金子がLとかにもうひと手間加えてたら、原作ファンが許さなかったのでは?

悲しいかなそれは同意。リュークについても、あんなセンスのないCGを見せられるなら、普通の人間の風体でいいよなーとか思ったんですが、それはファンの勝手な思いつきでしかないですね。

>そこの職人性にオファーがいったのだと思いますよ。

良くも悪くも…と云っちゃうと、またBETさんに怒られちゃうかな(笑)

池田敏春のデスノ、観てみたいですねえ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼