April 28, 2006

絶対音感

partygirlの日記 - 絶対音感がある人はこの世の全てを楽譜で表します(・∀・)♪
もうひとつ、よく聞くのが
「絶対音感を持っているから、自然界のすべての音がドレミに聞こえて
いつも休まることがない。会話もドレミに聞こえる。」
いわゆる絶対音感神話です。
絶対音感 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
相変わらず、小町にはモーツァルト以上の天才が溢れてます。
ピアノの鍵盤の音どころか、ヘルツでわかるんでしょうか。

学生時代にブラバンでチューバ吹いてたんだけど、僕の周りにもいたなあ>絶対音感保持者。
彼に云わせると、ウチらの部室のエアコンの音は、Fなんだそうな(笑)
僕は絶対音感なんか持ち合わせていなかったし、彼は物凄く楽器上手くて、下手糞な僕なんか頭が上がらなかったから(音楽の世界では、上手い人が王様です…)、当時は「そんなもんかいな」としか思っていなかったけど、よくよく考えてみたら、そのFは何ヘルツなんだよと。

普通、オケとか吹奏楽団のチューニングは、A=442ヘルツなんて云いますが、夏の暑い時期なんざ442じゃ合わねえ合わねえ。
高校時代の夏休み、受験対策で補習してる3年生の邪魔にならないように窓締め切って、部室にこもって合同練習とかしてみなさい。
5分もすると体中から汗が吹き出て、床にこぼれて水たまりみたいになっちまう。
そんな暑さの中だと楽器のコンディションも普段とは全然でさ。チューニング合わないから、445とかまで上げて「ベルリンフィルみたいじゃん(笑)」と云いあったもんです。

445でB♭の音を出すと、絶対音感を持たない僕でも、それが普段のB♭とは違うことがよくわかる。キンキンと耳に響いてね。
そうなると、彼が云ってたFは、442のF? それとも445? あるいは440?


絶対音感を持つ人は、幼少時代からピアノやってた人とかに多いらしいですが、それは、脳のシナプスが確定する前に、音に対応した回路が脳内に出来る、ということだと思うんだけれども、その回路の基準になる音は、普段聞いてるピアノの音だったりするんだろうと思う(思う思うばっかで、かなりあやふや…)。
では、そのピアノのチューニングがずれていたら、頭の中にもずれたチューニングの回路が出来るんだろうか?
西部劇で出てくる安酒場ホンキートンクのピアノみたいなさ(笑)


ただ、後年、ベストセラーにもなった最相葉月の絶対音感を読んで、いわゆる「絶対音感」にも精度の違いがあることを知り、ちょっとだけ納得。
たとえば、バイオリニスト五嶋みどりは、10歳からA音を440、442、443ヘルツに調律した3台のピアノを用意して練習していたらしい。
細かな周波数の違いまで、気持ち悪かったんだろうね。

でも、そうすっと、精度の低い「絶対音感」は「相対音感」とどう違うんだろうか?(僕、変なこと云ってる?)
てか、相対音階がある方が移調にすぐさま対応出来るとか云うけど(partygirlさんの引用先の、発言小町にもそういうコメントがありますな)、絶対音感があって、スケールの知識があれば、移調なんざすぐ出来るんじゃねえのと小一時間(ry


もちろん、まとまらないので(笑)、僕も最後にトリヴィアをひとつ。

トライアングルには、音程がありません。

daddyscar at 20:53   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(9)TrackBack(0)music  Edit

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by DARS   April 30, 2006 01:18
初めまして、ちょくちょく読ませていただいております。
最相葉月は新潮文庫で出ていたのでぱらぱらと読みました。興味深いですよね、読み終えて結局何だか解らなかった部分も多いですが…!(笑)

>精度の低い「絶対音感」は「相対音感」とどう違うんだろうか?
例えば無調の状態(←ここがポイント)で和音をポンッと弾かれて音を取るとして、相対音感を以てするならば「探り当てる」のに対して、絶対音感は「何も考えず」「直感的に」把握します。
で、例え精度の低いものであっても…と言うか、逆に言えばそれが出来ない事には、その時点で絶対音感ではなくなります。
……すみません、知識が曖昧でうたがわしい上に日本語でおkですね…。

相対音感の訓練中でして、つっこませていただきました(´・ω・`
2. Posted by カネコ ケイイチ   April 30, 2006 19:12
初めてコメントします。

絶対音感を持っている人に会ったことがないのでなんとも言えないのですが、正直、演奏するにあたってはいらないですよね、絶対音感。

>精度の低い「絶対音感」は「相対音感」とどう違うんだろうか?

相対音感は、頭の中に音を比較するものがある人。絶対音感は、比較しないでも何の音かわかる人なので、根本的に音を判断するプロセスが違うんだと思いますよ。

僕も吹奏楽でしたが、うちの部室はクーラーつきでした(笑
3. Posted by daddyscar   May 01, 2006 04:24
>DARSさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

最相葉月の本は、絶対音感を一般的に知らしめるには良い本だと思いましたが、結局は科学的な厳密性に欠けるので、そこは喰い足りなかったですねえ。

記事中には色々書きましたが、相対音感と絶対音感の違い、アタマではわかっているつもりなんです(笑)

でも結局、絶対音感のない僕は、絶対音感を「認識」出来ない訳でありまして。

引用した「partygirlの日記」での次の日のエントリ、及びコメント欄にも、ホワイトノイズの音程?について書かれていますが、絶対音感のある人にとって、ホワイトノイズはどう聞こえるんでしょうかね?

4. Posted by daddyscar   May 01, 2006 04:38
>カネコさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

>正直、演奏するにあたってはいらないですよね、絶対音感。

耳のいい人は演奏も上手いですよね。
ただ、単純に小さい頃から楽器やってれば、耳の良さはある程度訓練される筈で、それが絶対音感とどこまで同義なのかは、僕にはわからないです。

昔、雑誌のインタビューで読んだ話なんですが、小さい頃のエディ・ヴァンヘイレンは、ピアノを習っていて、譜面がどうしても読めるようにならなかったとか。
というのは、譜面を読むより耳で聞いたものをそのまま弾いた方が早かったから(笑)らしいです。

つまり絶対音感を持っていた訳ですが、このエピソードによるとピアノを習い始める前に、絶対音感に相当する回路が頭の中にあったように思えます。
そうすると訓練ではないのか?…と、絶対音感を「認識」出来ない僕には、やはりどうしても理解出来なくてねえ(笑)
5. Posted by daddyscar   May 01, 2006 04:39
追記。


>うちの部室はクーラーつきでした(笑

いや、ウチもエアコン付だったんですよ。
でも50人からが閉じこもって楽器吹いてると、全然効かなくてねえこれが(笑)
6. Posted by DARS   May 01, 2006 20:53
ホワイトノイズもそうですが、自然界の音、日常耳にする音…エアコンの音なんかもそうですが、複合音ってやつです(⇔純音)。
だから、聴いた時に耳に印象強く残った音でたいてい判断されると思うので、人によっても日によっても違ってくると、僕は考えています。

超人的な絶対音感保持者がもし居るとしたら、そういう音ですら和音として正確に聴き取ってしまうのかもしれません笑
複合音にも程度が有るので、スプーンで叩いた金属音(トライアングルも当て嵌まると思いますが)とかは判断が比較的容易いんだと思います。

意識すれば生活音も聴き取れるレベルの絶対音感を持っていますが、ここまでくると特別必要ないなぁと感じます…。って身も蓋も無いですね。

夏場はキツいですね、中学時代トロンボーンとチューバ吹いてましたが…。
クーラーは愚か扇風機さえありませんでした。死んじゃう。
7. Posted by daddyscar   May 03, 2006 20:32
5 複合音って、つまりは倍音を含む音ってことですよね。
これに対する純音ってのは、正弦波みたいな音のことなのかな。

上が正しい(?)ことを前提で話をすると、倍音を含むということは、基本となる音(基音というのかな)の周波数(=音程)以外に、別の周波数が、対象となる音の中に存在するってこと?…でオケですかね(笑)

>人によっても日によっても違ってくる

日によって、というのは、その日の体調によるということですか?
体調によるということなら、それもまた面白い。
単純に脳に回路がある、ってことではないのかもしれませんね。
8. Posted by daddyscar   May 03, 2006 20:33
5 >夏場はキツいですね、中学時代トロンボーンとチューバ吹いてましたが…。
>クーラーは愚か扇風機さえありませんでした。死んじゃう。

合同練習はしょうがないとしても、個人練習がまた大変で、近くの山まで楽器持って行くんです。
木管の人たちはいいかもしれませんが、チューバ持ってピクニック(笑)に行くのは、拷問に近かったですね(笑)
9. Posted by ミュウミュウ 公式   December 18, 2013 06:02
He smiled, kissed her hand, and still keeping his hold of her hand turned to me, and said:
ミュウミュウ 公式 http://m-s-flower.com/photo/miumiu3.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼