December 19, 2005

ヴァリス

Amazonを流してたら、「スペシャル・フィーチャー」とか「マイリスト」で他の本を勧めてくれる訳ですが、そんなかに、こんなページが。

Amazon.co.jp: コアなSFマニアはこれを読め!
yano_yutaroのコメント:
根気がある人のみに読める作品。これを本当に読んだ人はどのくらいいるのか聞きたい。難解としか言いようがない。

いや、作中の「釈義」にまともに付き合おうとするとわけわかんなくなるのは同意なんだけれども、それは素っ飛ばしていいんじゃないかと。

これは、暗闇のスキャナーで本当に絶望してしまったディックが、自分で自分を救おうとし(て失敗し)た作品。
「釈義」だったりトンデモ体験は、それのあとづけでしかない。

で、彼の絶望は、ある種の狂気である「釈義」によっても回収が叶わず、聖なる侵入でもって、ようやく回収されるんですが、それが狂気にも神秘学にもドラッグにも頼らずおこなわれた、というのがミソ。

ディックのシミュラクラが、資本主義社会によって否定された人間性の暗喩、というのは、誰かが云っていたことだけど(うるおぼえ)、死ぬ前にディックは、自分が自分であることを思い出したんだね。
自分自身の力で。


てか、僕はディックのことを、SFとして読んでないな全然(笑)

ディックの短編は、サスペンスや幻想の奇天烈さを楽しめますが、長編は、いくつかのものを除いて小説としてもSFとしても破綻してますので、「SF読みだったら、これは読まなきゃ!」とか勧める気にはなれないっす。

それでもディックは好き。

世界の中心でアイを叫んでいたのは、それこそディックだと思う。




daddyscar at 20:01   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(0)TrackBack(0)SF  Edit

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼