November 30, 2005

ウホ!

新装開店☆玉野シンジケート!>ゲイ&レズビアン・パレードについてみんなで考えてみました。

経緯は以下の通り。

RTN>ゲイパレードについての考察

RTN>ゲイパレードについての考察2

RTN>ゲイパレードについての考察3

RTN>自意識過剰なゲイ達

RTN>差別反対を訴えるゲイの矛盾

で、冒頭の玉野氏の記事になる訳だが。
GBrを見ていたら、ゲイ&レズビアン・パレードを批判している若者がいました。

 なかなか口にしにくいことを直球ストレートに表現してくれているので、みんなでmixiにて、それについて考えてみました。 以下は、僕以外の発言は誰の発言か分からないように加工しつつ、趣旨ははずさないようにしたものです。


僕自身は、RTNのManny氏の記事に賛同はしないし、彼はそういう意見を持つ人だとしか思わないんだけれども。
と同時に、僕自身も、ゲイ&レズビアン・パレードについては、たぶん彼と同様の知識しかなく、ゲイ&レズビアン・パレードは、自分と関係のないところでおこなわれている、というほどの意識しかない。

つまりは、どちらにも組みしない。


組みはしないんだけれども。

Mixiでの話題として匿名の第三者を仕立てて、Manny氏の意見を叩く玉野氏のやりかたは、上手いね。
それが本当のことかどうか、もちろん僕にそれを検証するすべはないんだけれど、多数の人間が否定しているというイメージを植え付けるってのは、いや、凄い。めちゃウマ。
てか、自分の発言とされてる部分は、ゲイ&レズビアン・パレード及び、その周辺文化の歴史と考察だけで、反論部分は、他者に語らせているのね。

巧妙なやり口ですな。

しかも、RTNの全部の記事に、同じトラックバック送ってたりして。
相当アタマに来たんだなー(笑)


どちらにも組みしないし、「勝手にやっとくれー」な感じなんだけれども、ひとつ思うのは、Manny氏も玉野氏も、意見を表明するだけで、相手を説得しようとか、理解しようとか、対話しようとかは思ってないようで。
お互いが、「オカマを気に入らないオカマ」なんですね。


そりゃ個々人が、各々千差万別の意見を持つのは当たり前で、でも、意見が違うのであれば、どこがどう違うかということに興味が沸いて、なにかしらアクセスしようとするんじゃないかと、そう思うんですけれど。

いや、玉野氏にとっては、興味が沸く以前の、お話にならない┓(´0`)┏状態なのかもしれないけれども、でもそこで、そうやって頭ごなしにモノを云っても、歴史も知らず年の若いManny氏は反発するだけじゃないのかなー。
その先には、草一本生えない不毛の土地しかありませんよ。

いや、「こんなヤツ相手してもしょうがないし」ってんなら、それで結構なんですが。


ああ、そういえば玉野さん、RTNのリンク間違ってますよ。
daddyscar at 01:44   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(9)TrackBack(0)one of those gay days |   and others Edit

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 玉野真路   November 30, 2005 02:35
 トラックバックありがとうございます。

 先行世代としては、時代の生き証人として(あ〜、そんな年なのよねえ、アタシも…(笑))、歴史なり文化なりの背景を語ることしかできないんじゃないかなあ? それが今の時代においても正当性を確保するわけではないにしても、文化的な背景がないわけではない、ということはご理解いただけるのではないかと思います。
 ほとんどの人は、別に興味ないことなんだろうけど、自分とは違う生き方をしてきた人に対する感受性を紹介するくらいしかできないと思うんですよ。

2. Posted by 玉野真路   November 30, 2005 02:35
 ぼくの周りには、そりゃあパレードなりゲイなりを愛している人が多いでしょう。なので、そういう論調になるかもしれないけれども、それが目的というわけではないんですよね。むしろ、そういうことで議論が成立する過程が提示できればいいなと思ったんです。

 若者からすると先行世代は不可思議な行動をしている。ぼくも若い頃そう思った。それをぶつけてみるのは大切なこと。そこから対話をすることで、時代が変化していくのを実感できたりもします。30代も後半になると時代に対する感受性がにぶってきますから。
 今回は、若者Aさんは誠実かつこちらにおもねるわけではない姿勢で話を聞こうとしてくれた。それで対話が成立したので、出しておこうと思ったんですよね。

3. Posted by 玉野真路   November 30, 2005 02:35
 結果として数が多く見えるかもしれませんが、政治的な判断というよりは、教育的な判断だと思います。というわけで、実はそれほど腹がたったわけではなくて、今の時代を読めるいいきっかけをくれたな〜と思っております。

 リンク先の間違いご指摘ありがとうございました。
4. Posted by daddyscar   December 01, 2005 03:30
>玉野さま

コメントありがとうございます。

気分的には「俺にからめよ」(でもちょっぴり小声)な感じだったんですが、冷静なコメントいただいて、肩すかしというか(笑)


いや、冗談はさておき。

いただいたコメントで玉野さまがおっしゃりたいことは理解出来ますし、共感出来る部分もあるのですが、ではなんで、このコメントのようなストレートな物云いを、Manny氏に対してしなかったのだろうかと、そこがまた凄く疑問で。

>自分とは違う生き方をしてきた人に対する感受性を紹介するくらいしかできないと思うんですよ。

というのは、僕自身も、「ゲイである」ということの本質は、まったくの個人的な問題だと思っていますので、僕なりに納得出来るのですが、「じゃ、それをそのまま語ればいいじゃん」と、どうしても思ってしまいます。
5. Posted by daddyscar   December 01, 2005 03:31
翻って、玉野さまがゲイ&レズビアン・パレードに賛同されている(んですよね?)意味は、なんですか?


不勉強な僕は、パレードの詳細をはっきりとは知らないのですが、漠然と、パレードというのは、ゲイ(を含むセクシャル・マイノリティ)が、自分たちを取り巻く他者に対して、自分たちを知らしめる運動だと思っておりました。

でも、そうであるなら、「ゲイである私」を考えたときに、そのパブリック・イメージとしてのゲイ・コミュニティが分裂してるのは、どうも奇天烈な感じがします。
6. Posted by daddyscar   December 01, 2005 03:32
>そういうことで議論が成立する過程が提示できればいいなと思ったんです。

奇しくもMixiでなされたというその議論は、玉野さま周辺の、パレードに賛同する人たち同士での話であって、それが僕には、とても閉鎖的に感じられました。

ゲイ以外の人々に知らしめるようにして、パレードを知らないゲイたちに対しても、それを知らしめるような行動を、パレードに賛同している人たちは取らないんですか?

「パレードに賛同する」ということは、パレードと、それに賛同する当人だけの問題であって、パレードのことをよく知らないゲイのことは、関係がないんでしょうか?
7. Posted by daddyscar   December 01, 2005 03:33
もし、これに対して、「それを判断するのは、パレードに賛同する当事者であって、"パレードは、自分と関係のないところでおこなわれている、というほどの意識しかない"お前に、そんなこと云われたくねえ!」と思われたら、それはそれで同意。

「ゲイである」ということのすべてを、パレードに賛同しているというだけで、背負う必要はないですもんね。


でも、そうであるなら一層、僕がパレードに賛同することは、今後もないかもしれません。
8. Posted by 玉野   December 01, 2005 04:32
コメントありがとうございます。

そういうわけで、みんなで考える場ができればいいなぁと思ってブログにあげたわけですが、アクセス数も多かったし、これを見て何かを感じてくれた人もそれ相応にいたのではないかと思われます。

パレードをよく知らない方には、「是非一度参加してみてください。そしてパレードをより楽しむためには一緒に参加できる友達を作ってください」と申し上げるほかなかろうかと思います。
9. Posted by エルメス 長財布   January 01, 2014 10:50
“Lord Lambeth”? this had been one of them ?“are you an hereditary legislator?”
エルメス 長財布 http://tia-net.com/shop/hermes3.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼