November 11, 2005

神聖モテモテ王国

まあ、相も変わらず、はてな界隈じゃ「モテ/非モテ」二元論が喧しい訳だが。

つまりはみんな(自分含む)、そんなにモテたいんね。



でも、それを後押ししてるのは、社会的な圧力なんだろうか?
それとも純粋に個人的な欲望?


僕らゲイは、本能の壊れた動物だから(© 岸田 秀)「モテたいっ!」と思っても、そこに社会的な圧力はないわな。*1

ゲイも、もちろんモテたい訳だけれど、それはただ、誰かから愛されたかったり誰かを愛したかったり、というだけで、モテ欲求は個人の欲望からしか発生しない。

翻ってノンケさんにとっては、他者の視線による圧力が、モテ欲求を増大させるのではないかと想像する(だからと云って、ゲイが自由フリーだ、と云いたい訳でもないんだけれども)。



と、はてブをにぎわせまくってる[モテ][非モテ]話題を見ながらつらつら考えてたら、こんなエントリが。

snyd>非モテの気持ち悪さってのは
性行為を非日常のものとして捉え、日常的じゃないから当たり前と言えば当たり前なんだけど、その上それを神聖視したり、逆に穢らしいものとしたりして、それで以て自らを正当化するところにあるんじゃないかなあっと、同じ班で普通に喋ったりしてた子が毎週水曜日は彼の家にお泊まりなんだ、きゃは♪とか言ってるのを聞いて、ベルセルクで言うところの現世と幽界とが混在してるの狭間の世界みたいだなあとか考えかけてたときにふと思う。はあ、、、

ゲイの世界で「やらないか」は当たり前であって、セックスをハレと看做すことはないから、それは「非モテ」への斥力となるってことかな(ここで云う「非モテ」が現象なのか属性なのか、それとも存在そのものなのか、それは別として)。



あと、ゲイとは直接関係なんだけどさ。

失踪外人ルー&シー>SANチェック・ワンツー
ディズニー映画にもなった"美女と野獣"の野獣といえば美女ゲット非モテの第一人者なんだが、まずこいつときたらブサイクなんて次元の問題じゃない。なにせ人間じゃないんだもの。しかも性格が超悪い。人の弱みにつけ込むしひがみっぽいしイライラすると物を壊すし、好かれる要素が全くねえ。
それでも美女と結婚しちゃうのはまあフィクションだからだろって話になるだろうけど、ちょっと待って欲しい。これって世間の女性に素敵なファンタジーとして受け入れられてるうえに、原作はボーモン夫人(女性!)なのだ。これ、女性的にアリなんですよ。
何故これがアリになるのかということについての数時間にわたる熟考の結果、導き出された答えは「最終的に王子様になるから」だった。
結論
  • 最終的に王子様になる未来を約束できればモテる

この話に限らず、童話の多くが、「白馬に乗った王子によって物語を回収してしまう」ことこそが、"非モテ"の真の敵だと思うね。



*1 ゲイの世界にもモテのヒエラルキーは厳然と存在するんだけれども、でも、ノンケさんの場合と違って*2、その判断律は、複雑かもしれない。

世界のはて>好きなことやってモテた人間には、非モテの苦しみは決して理解できない
まぁ僕もここらへんは散々考えてみたんですが、「社会的にそういうことになっている」としか、もはや言いようがありませんね。モテってのは記号ですからね。
  1. モテそうな記号(カオ・カネ・モテ趣味・ナイスバディ etc)をたくさん持っている
  2. モテるんだろうと周りが勝手に思い込む
  3. 思い込みから異性が寄ってきて、ホントにモテる
  4. 付き合いを通じて対異性テクニック獲得
  5. さらにモテる(そして1に戻る)

これは、ゲイの世界には、若専とかフケ専とか、デブ専とか(あと、ジャニ専とかオケ専とかメガネ専とかハゲ専とか…)様々な人種がいて、モテ記号が散乱してしまっているためで、2以下は当てはまっても、1だけは成立しない。
つまり共通認識が成立しない訳だから、そこに視線の圧力は存在しえないのじゃないかと。


*2 ここでは仮に、ノンケの「非モテ」=「オタク」と看做す(「脱オタ」が「モテ」そのものではないのは自明の理だから、その裏もぁゃιぃんだが、まあ、仮にw)。
以下を参照のこと。

純粋なココロ>『カースト』という極めて解決し難い問題

世界のはて>最近のオタクの定義

過下郎日記>「脱オタ」という倒錯\鏤痢∈討咫ΑΑΑΑ

Operation:Mindcrime>脱オタしても喪男叩き以外にネタの無い人達

どうも、オタクという存在そのものへの愛が、論議を歪ませてるような気がしないではないけど。
Love & Peace(笑)

daddyscar at 22:05   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(0)TrackBack(0)one of those gay days |   and others Edit

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼