February 17, 2005

Who Watches the Watchmen?




祝!"Watchmen"映画化!!

以前ご紹介した『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』(映画『リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い』の原作コミックね)の作者アラン・ムーアの最高傑作と云われる"Watchmen"が映画化決定とのことです(アメコミ情報サイトPlanet comic.jpより)。

"Watchmen"については、『Mr.インクレディブル』の記事でも触れましたが、「現実世界にアメコミのヒーローが存在したら?」という命題を極めて実直に思弁スペキュレイトした作品で、子供向けの読み物だったアメコミを、大人向けに変革してしまった作品であります(ストーリーと作品のバックグラウンドはこちらのサイト「セプタングエースの七匹言」がくわしいっす)。

『未来世紀ブラジル』『12モンキーズ』を撮ったテリー・ギリアムが、このコミックの大ファンで(いつぞや来日したとき、"Watchmen"の重要なモチーフである、このスマイルマークのカンバッジを胸につけてたらすぃ)、映画化を画策してたそうですが、資金問題により断念。ずっと頓挫したままでした。

その映画化権をどっかのプロダクションだかが取得して、『π』のダーレン・アロノフスキーに撮らせるなんて話が出たんですが、結局、監督は『ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラスなる新鋭監督に決まったとのこと。

一ファンとしてテリー・ギリアムに撮らせたかったなあ、てのはあるんですが、とりあえずは映画化自体を喜んでおります。


付記
と思っていたら、テリー・ギリアムの映画化頓挫は、資金問題じゃなかったらしい。

  orz

こちらのサイト(テリー・ギリアム版お蔵入りの理由/箱男)に詳細記事があります。

しかも、テリー・ギリアム、"Watchmen"の根っからのファンではなくて、ジョエル・シルバーに映画化を持ちかけられて初めて原作を読んだとか。

  またまたorz

それでもファンではあるらしいですが、ファンであるがゆえに、いい脚本書こうと相当苦労して、最終的に「コミッックの形で完璧なんだから映画にする必要ないじゃん」という意見に至ったらしい。

そうだよなあ、あれを2時間半の映画に、本当に出来るのでしょうか?

期待3割不安7割。


daddyscar at 15:20   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(3)TrackBack(0)movie  Edit

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by JJ@Gsta-HIDEOUT   February 17, 2005 23:56
TBでやって来ました、はじめまして。
確かに「ウォッチメン」を2時間半のまとまった一つの映画にするのは無理あり過ぎの気もしますね。
正直ダーレン・アロノフスキーで行って欲しかったです、この人だと無難な橋は渡らずムチャしそうだから色々な意味で面白い映画になった気がして・・・。
2. Posted by ponpoko   February 18, 2005 22:40
「watchmen」映画化っすかぁ!おいらもアメコミファンっす!
daddyscarさんの言う通り「期待と不安」が入り混じってます。

それよりも気になったのが...
このコメントのリンク先で見つけた「X-MEN 3」の行方....

難航しまくりじゃないですかぁ(汗)どうなっちゃうのぉ〜〜!!
3. Posted by daddyscar   February 19, 2005 03:24
おふたりとも、コメントサンクスです。

あの原作のストーリーとニュアンスを、そのまま映画に閉じ込めてしまうのは、無理ですよねぇ。
映画じゃなくて、TVで4時間のミニシリーズとかなら、オッケー?
それとも『KILL BILL』方式で前後編にしちゃう?


>JJ@Gsta-HIDEOUTさま。

はじめまして。
ダーレン・アロノフスキーですか。それもアリかもですね。興行的には大失敗だけれども、カルト映画になる、みたいな。
世間の評判によると『ボーン・スプレマシー』かなり良いとのことなので(ハードな描写のアクション映画とのことです)、これはこれで期待かも。
あとは、脚本次第ですか。

>ponpokoさま。

おー、ponpokoさまも"Watchmen"読んでらしたですか。あれはやっぱ傑作ですよね。日本版も復刊して欲しいです。

『X-MEN 3』、この時期に来て、まだ監督さえ決まってないってのは、危機的状況にあるようです(公開は2006年5月5日と決まっているとのことなので)。
せっかくプロデューサーが「ダークフェニックス・サーガをやる!」と公言してくれて、X-MENファンとしては盛り上がってたのにね。
でも、それでもここからのウルトラCを、期待しましょうよ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼