January 13, 2005

ブギーポップは笑わない

bk1のブリーダーになってみたので、testも兼ねてご紹介。


ブギーポップは笑わない(電撃文庫 0231)
上遠野浩平〔著〕

出版社 メディアワークス
発売日 2000.01
価格  ¥ 578(¥ 550)
ISBN  4840208042

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1





昔からSFとか好きで。

だからラノベなんて云われても、平井和正とか栗本薫とか夢枕獏と、どう違うのよって感じで(例に挙げた作家で、年がバレますなw)

でも、さすがにリニアな読者ではなくなったから、話題になってても遠くから眺めてるだけだったんですが。

SFも、海外の方に目が向いちゃったしね。
ムーヴメントとしての新本格が面白くって、そっちを喰い散らかしてたのもあるし。

それでもこの本は、あまりの評判の凄さに、手に取ってみたんですが、「あー! やられたっ」てな感じ。


多視点で物語が進行するなんてのは、決して目新しい手法ではないんですが、そこはそれ、エヴァと一緒で、ラノベなんていう若いユーザーのいるジャンルで、それをやったのが斬新だったのかと。




話は全然違いますが。

そういや、エヴァって、いまパチンコ台もあるんですよねw

一時期ハマった人間からすると、それはなんだか悲しいような。


てか、いくら大阪商人を自称するゼネプロとはいえ、

「お前ら商売し過ぎじゃね?」

と負け犬の遠吠え。
daddyscar at 17:20   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(2)TrackBack(0)SF  Edit

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ponpoko   January 13, 2005 21:37
bk1の皆さんのレビュー、daddyscarさんの紹介文読んでちと興味ありっす。

このごろおいらがハマってる作家は...
東野圭吾、市川拓司かなぁ。

市川さんは新書を出す毎に文章力が旨くなってるなぁと思いますね。
「いま、会いにいきます」の大ヒットで豹変しないことを望みます(笑)

2. Posted by daddyscar   January 14, 2005 00:04
ponpoko様、おばんです。
いつもコメントありがとでございますm( _ _ )m

市川拓司は、実は読んだ事ないんですが(『いま、会いに行きます』の人なんですね。今度、読んでみます)、東野圭吾好きなら"ブギーボップ"O.K.かも。

とりあえず面白っす。
それは絶対保証いたします。

もし、面白くないってんだったら、それは僕が体で保証させていただきます。
いや、マジっす。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼