December 28, 2004

ゴジラ FINAL WARS!!!!

昨日、観て来ました。『ゴジラ FINAL WARS』


FINAL WARS


僕は、"あり"だと思いましたね。
予想以上に面白かったっす。



blog検索してみても、ホント賛否両論で両極端(こちらのサイトが、その侃々諤々をウォッチされててわかりやすいっす)。
ミスクレでは意見を同じくした堺三保氏は「今年は、大予算駄作邦画の当たり年として、後世に伝えられる年になるかも」なんてぶった切っておられまして(でも、「北村龍平は何を撮っても北村龍平だった」ってのは同意見なんですが)、大絶賛で挙げるとしたら、こちら(おお MiniMoni しんでしまうとはなにごとだ)かな。

マンガ家のとり・みきが我孫子武丸のmixi日記にコメントつけてた言葉を再掲すると(って、これってもしかして、ルール違反ですかね。mixi内では全公開なんですが。ご指摘ご指導あればお願いします)「10人に10点持たせて採点させて、(中略)5人が10点で残り半分が0点つける映画があるんですよ。極端にいえばこれはそんな映画」というのは、まさに云いえて妙かと。


とりあえず、まず、ゴジラ映画だということは忘れないと駄目wですね。
オープニングのタイトルバックがとってもカッコ良くて、「カイル・クーパーみたいじゃん」と思ってたら本人だったんですがw、本編も一種のremix映画。
ゴジラという題材(と日本映画としてはまあ潤沢な予算)を与えられて、北村龍平が自由に、というか好き勝手放題に作った映画です。


いや、もしかしたら「映画である」ということも忘れないといけないかも。

昨日、一緒に観に行った友達が「松岡、スーパーサイヤ人かよ」と云ってましたが、『ドラゴン・ボール』で悟空がスーパーサイヤ人になるのは、一応理屈が通ってるのですが、この映画には、そのヴィジュアルはあっても、理屈がない(そういう意味ではスーパーサイヤ人というよりも『テニスの王子様』の"無我の境地"wですな)。

つまりは映画というよりマンガなのかも。


たとえば、週刊少年マンガ誌の連載って、連載が長くなればなるほど、緻密にストーリーを練ってるんじゃなくて、その場その場のノリで作ってる訳でしょう?
竹熊健太郎だったか大牘兒屬世辰燭夏目房之介だったかが(記憶が曖昧ですみません)、「そのノリを上手く昇華出来た作品が名作となる」みたいなことを云ってましたが(記憶が曖…以下略)、これも、その場その場のノリを最重視したんじゃないですかね。

「ノリ」で言葉が悪ければ、「一瞬一瞬の映像のカッコ良さ」とでも云いましょうか。

大枠の物語はあるんですが、それにあまり意味はなくて。しかも、破綻しているし。
でも、一瞬一瞬の映像はカッコ良かったりするんですなこれが。
で、めっちゃ燃える。熱い。
観てるこっちも「うぉりゃーっ!!」て叫び出したくなるくらいw
もちろん「どっかで観たなあ」なんてのも多いんですが(こちらでは「劣化マトリックス」とおっしゃってましたw)。
でも、「オマージュだのパロディだのうわべの言葉で誤魔化すな! 『パクっちゃいました』とちゃんと云え!」ってのは大牘兒屬留召な(を僕が勝手に改悪したもの)ですが、北村龍平も「パクってなにが悪い?」ぐらい思ってるのでは。
「パクっても、面白かったらいいだろ!」と。


まあ、面白く観ようと思ったら、真面目に観ちゃ駄目です(笑)



付記。

伊福部昭の素晴らしい音楽はほとんど聴けませんが、ま、それは今回我慢していただくとして、キース・エマーソンの音楽は「EL&Pよ再び!」てな感じで、かなりイイです。サントラ欲しい。
TOKIO松岡は仲々ですね。悪くない。でも、菊川怜は勘弁って感じ(こちらに禿同)。
その菊川怜効果なのか、元プロレスラーの船木誠勝の演技が思ったより、というか、かなり良くってビックリ(誰か船木主演でアクション映画撮ってくれ!)。
かたやケイン・コスギは、ドン・フライが主役級であれだけ出てて、しかも英語なんだから(玄田哲章による吹替版があるとの話ですが未確認。僕が観たのは英語でそのまましゃべってますた)、「こいつにも英語しゃべらせてやれよ」と思いませんでした?



蛇足。

プロレス雑誌とか見てて、いままで、な〜んとも思ってなかったんですが。


ドン・フライ、いいです。

カッコイイ!
演技、割と上手ーい(パチパチ)。
可愛い(照)
胸毛(?)



僕、いけます…
daddyscar at 19:50   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(5)TrackBack(7)movie  Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. GODZILLA FINALWARS  [ web-tonbori堂ブログ ]   December 28, 2004 20:39
ということで18日は「AVP」なのでその前に行っとく?ということで観てきた ゴジラ生誕50周年にして ゴジラ最後の戦い 「GODZILLA FINALWARS」 いやもう ぶっとびですわ(^^; 基本的に北村龍平作品の「VERSUS」は好きだし「ALIVE」もけっこうツボ
2. ゴジラ FINAL WARS  [ ミタマノマドロミ ]   December 28, 2004 23:08
鑑賞日:2004.12.1(試写会) 満足度:■■■■■■■□□□  ゴジラ生誕50周年記念作品が、ホントにこれでいいのでしょうか? いや、個人的にはなんら問題はナイのだけれど、往年のゴジラファンはご立腹かなぁと思って。監督が北村龍平ってことで、頭からはゴジラ云々
3. GODZILLA FINAL WARS  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   December 30, 2004 05:31
今年最後の映画鑑賞となるであろう作品。見てまいりました。世界のゴジラ。 うーーーーん、内容が・・・・ない(;-_-A 北村龍平監督の自己満足作品としか言いようがないなー。 怪獣オンパレード&豪華キャスト作品という感が。 最後のゴジラ作品としては淋しいものがあっ
4. 「ゴジラ FINAL WARS」評  [ I N T R O + UptoDate ]   January 07, 2005 23:01
話題作チェックに、高野雲による 「ゴジラ FINAL WARS」評/粗いぞゴジラを追加。 「ゴジラ FINAL WARS」は、第一作公開から50年という節目の年を飾るメモリアル作品であると同時に、シリーズ最終章となる作品。知る人ぞ知る「轟天号」を筆頭に、過去27作品を彩った人気キャ.
5. GODZILLA FINAL WARS  [ In my opinion・・・ ]   January 17, 2005 22:50
新作とは言い難いけど、「GODZILLA FINAL WARS」です。 実は、食わず嫌いというのかな?ゴジラに限らず怪獣映画というのを今まで敬遠していてあんなものは子供が観るものであって大人は観るものじゃないって勝手に思っていました。ま、ヒーローものと同一に考えていました。
6. GODZILLA FINAL WARS  [ さだろぐ ]   January 24, 2005 21:01
GODZILLA FINAL WARS(北村龍平) ☆☆☆ 2004(東宝映画) 近未来。ゴジラを封印した世界では怪獣がいっぱい出てきてミュータントたちも頑張るんだけど結局ゴジラ頼みでガーってやってドカーンなお話 ゴジラ50周年、最終作という事で地元で観て来ました。 僕は
7. ゴジラ FINAL WARS 今年の153本目  [ 猫姫じゃ ]   July 28, 2005 04:10
ゴジラ FINAL WARS   これは、絶対に映画館へは見に逝けないシリーズ、、、 もしも、万が一、勇気を振り絞って映画化へ逝ったとしても、、、 子供が、、、うるさいんだよねぇ、、、 子供じゃなくっても、横の方で、 ポテトチップス、ばりばりやり出しやがったら、

この記事へのコメント

1. Posted by 中年単独者   December 30, 2004 00:03
なるほど。北村監督(の映画)がどういうものか知っていれば、結構楽しいということは言えるようですね。いろいろリンクした記事のトラックバック有り難うございました。
2. Posted by ponpoko   December 30, 2004 00:36
観てみたいっす、「ゴジラ FINAL WARS」!

HP観たけど、ドン・フライ良過ぎです!!
パパ最高!と叫びたいっす!
3. Posted by ponpoko   December 30, 2004 12:51
脈絡のないレスでごめんね。

daddyscarさん。ほんま、本年はお世話になりました。
来年もよろしくお願いします!

今から帰省しやす、ponpokoでした!
4. Posted by daddyscar   December 30, 2004 18:23
携帯からfileseekを使ってコメントしたら文字化けしてたので、改めて。

皆さん、トラバ&コメントありがとうございます。

中年単独者さま。
まさにそうです。
どのblogを見ても、ゴジラに思い入れのある方は否、そうでない方は賛と、完璧に色分けされているようです。
けど、北村龍平に撮らせる!と決めた東宝上層部は、この結果を予測していたのかどうか。
もしそうだったら、それはそれで「東宝凄い」と、この会社を見直してしまいます。

ponpokoさま。
ドン・フライいいでしょう?
ponpokoさまならわかっていただけると思ってました!

で、こちらこそ色々とお世話になりましたm( _ _ )m
ponpokoさまのコメントに励まされて、頑張ろうと思ったこともあったんですよ。
お正月はご自宅でゆっくりされてください。
こちらこそ、また来年もよろしくお願いいたします。

窓を開けたらH"がいくらか速くなることに気づいて、ダウンジャケット着てガクガク震えてるdaddyscarでした!
5. Posted by suguru   January 19, 2005 22:25
コメント有り難う御座います。ゴジラについては私は全くの知識がなかったので今回こうして観てこういうものだったんだぁと思いました。なので、変な先入観が無かったのですんなりと観れました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼