December 21, 2004

世界で一番『Mr.インクレディブル』が好きな男

ウッコ、おまいビックリさせるなよ。

で、仕事サボってエントリ(笑)
いや、『Mr.インクレディブル』のことは、いまのうちに書いとかなきゃ、賞味期限が切れちゃいそうで。



GBrにエントリされてるblogでも、ponpokoさまとか51さまとかちゅ〜じさま玉野さまと、皆さん絶賛の記事を寄せられてますね(ちゅーじさま、吹替面白そうっすね)。

blog検索とかしてみても、賛否の割合は、9.9対0.1ぐらいw
否っても「前半がだるい」とかそれぐらいかな。


しかしながら、僕の周辺で(てか、一緒に観に行った友達が)、「どこかで観たようなストーリーばかりで面白くない」と申しておりました。

うーむ。

僕はアメコミ好きだし、先行者に対するこの映画の敬意オマージュを感じることは出来るけど、アメコミ知らない人はもちろんそうではないのよね。
ここで大牘兒屬个蠅法嵎語なんてものはとうの昔に消費され尽くしてて、完全にオリジナルな物語なんざねえっす」なんて話を持ち出すことも出来るのは出来るんすが、そんなことで論破しても意味はないし。
「面白さの尺度はひとそれぞれ」と毎度のオチに至るのもなんか気持ち悪いし。
でも、この点においては、立脚点が違うとしかいいようがないっす(ちょと(´・ω・`)ショボーン)。


敬意オマージュについては僕自身も言及したし、堺三保氏(アメコミの偉い人!)も「「『ファンタスティック・フォー』のパロディ」であり、「『ウォッチメン』と同じく「ヒーローとは何か」がテーマ」であり、なおかつ基本的には「家族向けのファミリー映画」であるという、実に贅沢というか、奇跡的なバランスの映画」とおっしゃっているので、これ以上付け足しはないかな(最後に出てくる老人のうちのひとりはスタン・リーがモデルでは?)。
そういえば、本家アメリカの公式サイトは、日本のより凝ってて、壁紙やらスクリーンセーバーやらポスターやら色々ダウンロード出来るんですが、そのポスターのひとつを『ヘルボーイ』の原作者であるマイク・ミニョーラが描いてるってのは、この映画がアメコミに対して発した敬意オマージュへの返答だと思ったり。

技術的なことについては、門外漢の僕よりも、51さまの記事とか、こちらとかが参考になるっす。でもヴァイオレットの黒髪はCGとは思えなかったよね(わざわざ黒髪にしたっていうインタヴューをどっかで読んだような)。

ミスクレblog群で、一番面白かった、というか、ニヤニヤしてしまったのは、こちらの記事(みいまっくす)
息子さんとご覧になったらしいのですが、「あの長いストーリーを自宅で見る映画ではなく、映画館で見たということ。終わってから疲れたのか、早く帰ろう、と珍しく自宅に帰りたかった様子でした。それだけ集中して見たんでしょう。」というのは、僕はミスクレの関係者でもなんでもないんですが、なんかうれしかった。


さて、僕にとっては、なにがそんなに面白かったかというと、この映画には色々なレヴェルの面白さがあると思うんですが、やはり、これが家族の物語である、というところが、一番重要かな。
で、それを事細かに説明してもしょうがないと思うので、説明しません。
そんなことしても意味はないもんね(『物語消費論』で、友達を論破しても、ってのと一緒です)。


深読みはいくらでも出来るんよ。
たとえば、この物語の前半で、主人公は、自らの家庭において父親としての立場を全とうしようとはしません。
それは当たり前であって、主人公はヒーローであること、つまり"男性性"を禁じられた訳だから、同時に"父性"も消失してしまっている訳です。
その後、新しいコスチュームとともにヒーローとして復活し、"男性性"="父性"を回復するのですが、その胸に輝くのが、まるで男根を模したようなi(アイ)のマークである、というのは、あまりにも出来過ぎとしか思えません。


と、無理を承知で誤読してみましたが、こんなのやっぱ意味ないよね(笑)

僕は、この映画が好きだ。
それで充分。



最後に、また蛇足スネークレッグズをひとつ。

主人公であるお父さんの後頭部が禿げてることに、皆さん、気づきましたか?
daddyscar at 12:55   このエントリーを含むはてなブックマーク   この記事をクリップ! Comments(9)TrackBack(14)movie  Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Mr.インクレディブル  [ ネタバレ映画館 ]   December 21, 2004 13:23
 オリジナリティー溢れるピクサーの3D映像技術とワクワクする展開が最高。家族全員がヒーローという点では『スパイキッズ』とよく似ているとも言えるが、実写版では表現できないクレディブル夫人の身体能力が他のヒーローモノの追随を許さないだろう。  とにかく、この夫
2. 【Mr.インクレディブル】字幕版も見ます!  [ ハイセンス雑貨市場 デザイナーズ 家具 照明 インテリア ]   December 21, 2004 19:23
吹き替え版を先行上映で見ましたよ♪普段はアニメとかCGは苦手・・。と思っていた私もこの映画は別でした。ストーリー、CG、音楽、そして声優、全て最高でした。こうは言っても、見てみないと分かりません。まずは予告編サイトで予告編を見てくださいな。【Mr.インク...
3. Mr.インクレディブル  [ (売れないシナリオライター)KAZZの呟き! ]   December 21, 2004 20:42
KAZZのこの映画の評価  やっぱり、ピクサーは凄い3Dアニメって言うのかな 映像が凄い 今回のピクサーの最新作、”Mr.インクレディブル”を見て来ました トイ・ストリー、モンスターズインク、ファインディ ング・ニモ等のヒットを飛ばした、スタジオ・ジブリ のア...
4. Mr.インクレディブル  [ It's a Wonderful Life ]   December 21, 2004 20:52
傑作です。PIXAR製のCGアニメはずっとクオリティ高いけど、またも凄い映画を作ったもんです。 よくコントや漫画で昔のヒーローが落ちぶれ、「昔は良かったなー」等とガード下で飲んだくれてるようなパロディってたまにありますが(あくまでイメージ。)その世界を...
5. Mr.インクレディブル  [ _lilacstone ]   December 21, 2004 22:10
the art of Mr.インクレディブル(Amazonで購入する) 奥さん...
6. Mr.インクレディブル  [ chap300 メガコン騒動 ]   December 21, 2004 22:42
・・・・・ 「SHOWTIIIIIME!!!」 不覚にも!?アニメのセリフに痺れてしまった(笑)。 ベタベタな作品なのに 「ワクワクしてしまった・・・」 予想以上の面白さでしたね!!『Mr.インクレディブル』。 しょっぱなのヒーローぶりや、変身?す
7. Mr.インクレディブル  [ 30歳独身男Kazuakiの映画日記 ]   December 21, 2004 23:51
「期待以上に楽しめたヒーローアニメ。どのキャラも魅力的で好感持てるし、ラストは一本取られた感じ。」 そして今日3本目は「Mr.インクレディブル」です。先行上映の字幕版を観てきました。これが今年182本目の鑑賞です。 イライラしながら観た「ファインディング・ニモ」か
8. Mr.インクレディブル -The Incredible-CG製作の裏舞台  [ 話題のナレッジベース ]   December 22, 2004 10:48
  昨年は、ファインディング・ニモ(ファイティング・ニモ:戦うニモではありません。)で、映画の世界感に共感した子供達が水槽の魚をキッチンに流し込んんだと話題になった名作を送り出したピクサー(Pixar)から、Pixarの新作「The Incredibles」、日本では「Mr.インク
9. 『Mr. インクレディブル』 (米、04)  [ わしLOG ]   December 23, 2004 22:00
出張前の束の間の休息になぜかMr. インクレディブル(笑)。昔の米国アニメ「ファンタスティック・フォー」あたりを彷彿とさせる、文句なしの娯楽大作。こういうのって、パロディのノリで一発当てるだけにして、あとは続編とか作っちゃいけません。。。「役造り殆どなし」の
10. Mr.インクレディブル  [  【 bOooPs! 】 世界中の(゚∀゚)な話題をレビュー! ]   December 24, 2004 14:33
今更ながらのレビューですが、やっぱり面白い! 最近では本当に珍しく何度も繰り返し見てしまいました。 単純明快なストーリーももちろん魅力ですが、CGを押付けがましくつかわずに「クレイ・アニメーション」ちっくに表現してみたり、かと思えばこれでもか!と細部にこ
11. 「Mr.インクレディブル」のおかげで作り直しとなる映画  [ わしLOG ]   January 05, 2005 17:50
先月、わしLOGでこんなことを書きましたが、やっぱりこんな話になっているようですね。。。
12. ★★「Mr.インクレディブル(字幕)」観てきました★★  [ ★★かずくんままのマネー日記+α(買った福袋公開中!!)★★ ]   January 05, 2005 21:34
暮れもおしせまり雪がふりそうな中、映画館まで行ってきました。 親には里帰り中に何本観るつもりなの!!と嫌味を言われてしまいました。 仕方ないかも。。。今日で4本目です(爆) ご覧になった方も多いと思いますが「ファインディング・ニモ」や「トイ・ストーリー」
13. 「ミスター・インクレディブル」(劇場:東急シネマズ横浜)  [ なつきの日記風(ぽいもの) ]   February 15, 2005 13:39
英雄だった人々、英雄に成れるはずだった子供達、英雄に成りたかった男、見事なのはCGだけじゃなく、脚本。巧さと楽しさを満喫すべし。 原題:「the Incredibles」 監督・出演:ブラッド・バード 出演:クレイグ・T・ネルソン、ホリー・ハンター、サラ・ サラ・ヴォーウ
14. Mr.インクレディブル(吹替版)  [ 罨ч※ ]   May 25, 2005 19:07
正月に映画を見まくった時に、実家近くの109シネマズで貰った千円で映画見られる券(1月末まで)が余っていたのでどうしようって思っていたら、東京にも木場にあったんで、見に行きました。正直、見たい映画は殆ど見ていたので、何にしようか〓。オペラ座かな、東京タワ

この記事へのコメント

1. Posted by    December 21, 2004 14:56
 こんにちわ。トラックバック、ありがとうございました。
 お友達の「どこかで観たようなストーリー…」というご意見、
私はそこがおもしろかったですよ。どこかで観たことがあるだ
けに、それらのエピソードが今回どのくらいパワーアップされ
て取り入れられてるかがよく分かって、とても楽しめました。

>主人公であるお父さんの後頭部が禿げてることに、皆さん、
>気づきましたか?

 知らなかったー。
 外国には、髪が薄くても渋くてカッコいい殿方が大勢いるの
に、日本人には少ないですよね。どうしてでしょう?
2. Posted by ponpoko   December 21, 2004 16:24
トラックバック、ありがとっす!

『Mr.インクレディブル』、まさに「家族の物語」やね。
おいらもそこが最大の魅力やと思います!

『主人公であるお父さんの後頭部が禿げてること』
さすが、daddyscarさん!
おいらも気づいてましたよぉ(笑)

この細かさも『Mr.インクレディブル』の魅力やね!
3. Posted by 51【GOICHI】   December 21, 2004 17:52
世界観は置いといて、ストーリーは確かに王道。
でもピクサーを含むディズニーは全てそうですよね。
絶対ハッピーエンドになるから、安心して見れる部分は
確かにあると思うんですけど。ハッピーエンドのストー
リーは、完成度を高めれば高めるほど「ありきたり」
だと思われてしまうのかな。
4. Posted by ちゅ〜   December 21, 2004 18:22
トラックバックありがとうございます。

しっかり見ていらっしゃったんですね。
僕は、ただ、ただ、映像に感動していました。
(単純な解釈で見てましたw)

はげてたの??
DVDが出たら、チェックしてみます!
5. Posted by SOW   December 23, 2004 16:45
堺氏のところから飛んできました。
ラストの老人ふたりはナイン・オールド・メン(ディズニーの伝説的なアニメーター)のふたりが声を当てていましたので、そのままだと思います。『アイアン・ジャイアント』の機関車でも出てきましたね。フランク・トーマスが亡くなったので、オリー・ジョンストンただひとりになってしまいましたが。
6. Posted by daddyscar   December 26, 2004 20:25
皆様、コメント&トラバありがとうございます。
ご返事遅くなって、本当にすみませんでした。

るさま。
妙齢の女性からのコメント初なので、何故かちょと恥ずかしかったり(変っすか?)
ゲイのフケ専的に云うと、渋い外人のオジサンたちより、日本人のちょっと疲れたオヤジたちの方が魅力があったりします。
女性の方たちからすると、とてつもなく奇妙に思われるでしょうが。
よろしければ、これに懲りずにまたコメントお待ちしています。

ponpokoさま。
さっすがっすね。
これに気づいてる人は、そんなにはいないと思ってましたが。
ponpokoさまが気づいているとは、やっぱりウチらは生き別れの兄弟だと思いますw

51さま。
ハッピーエンドである、ということは、自己完結して閉じてしまっているということですよね。
それゆえに、批評のネタにはなりにくく、好き嫌いのレヴェルでしか語れないというのはあるかも。
TV版エヴァとまったく逆ですね。

ちゅーさま。
そうです! ハゲてたんですよ!!
DVD出たらチェックしてみておくんなまし。
てか、もう一回観に行っても可w
トラバいただいたblog(【 bOooPs! 】 世界中の(゚∀゚)な話題をレビュー!)によると、字幕と吹替で細部の映像が違うという話もあります。

SOWさま。
はじめまして。コメントありがとうございます。
なるほど、ディズニーのアニメーターがモデルなのですね。
ディズニーの精神を継承するぞ、というスタッフの意気込みみたいなものでしょうか。
"ナイン・オールド・メン"なんて呼び方は、NASAの"オリジナル・セブン"を思い出させますね。
7. Posted by    December 28, 2004 23:33
 こんばんわ。
 私のブログにもコメントいただいて、ありがとうございました。
遅くなりましたがお返事させていただきました。

>日本人のちょっと疲れたオヤジたちの方が魅力があったりします

 そうなんですか。
 私のごく身近に、デブでハゲのくたびれたオヤジ、がいますが、
魅力的か?と聞かれると、正直首をひねってしまいます(笑)。
 いい加減付き合いが長すぎて、そんな風に見られないと言うの
もあるでしょうけど。ハゲには何の抵抗もないんですが。

 またお邪魔しに来ます。
8. Posted by けーこう   January 09, 2005 13:26
ご訪問が遅くなりました。
まずはトラックバックありがとうございます。

すっかりはまってしまっているのは、私よりも息子の方で自分の父親(旦那)と体系が似ていることもあり、一言「あーやって練習すれば、パパもかっこよくなれるのに」

息子は映画館で見るということに目覚めてしまったようで、次は何を見に行こう、と張り切っています。

また、きま〜す。
9. Posted by daddyscar   January 11, 2005 11:41
けーこうさま。
コメントありがとうございます。

本文にも書いたとおり、僕はミスクレの関係者でもなんでもないんですが、それでも、けーこうさまのあの記事は、なんかとってもうれしくって。
しかも、ミスクレを観て、息子さんが映画好きになってくれたりしたら、それは万々歳というか(笑)
これからも息子さんには面白い映画をバシバシ観せてあげてください。


「あーやって練習すれば、パパもかっこよくなれるのに」ってのも、なんかやっぱりニヤニヤしてしまいますね。
息子さんの顔が目に浮かぶようです(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
daddyscar




紹介するほど
自己確立してないし
まあ、ただの日記なんだけど
それでだけ終わるのも
能がないっていうか
パラノ体質が許さないってか

で、一応ゲイなんですが
それに限らず色々書いてきます
でも、やっぱゲイであることから
離れることは出来ないかも



RSSを登録


Archives
Recommend

Mr.インクレディブル



Strangeways, Here We Come



伝奇集



ファントム・オブ・パラダイス



Watchmen



Mahler: Symphony No.9



デッドゾーン デラックス版



デビルマン (2)



The Stone Roses



IT〈1〉



Mixed Up



ブルーベルベット



半神



Slow Motion World of Snowpony



祈りの海



Loveless



ウィチャリー家の女



ティ-ンエイジャ-・オブ・ジ・イヤ-



戦闘妖精・雪風(改)



The Buried Life



密閉教室



Roxy Music



虚空の眼